子育て・教育にお悩みの方



  カウンセリング
中学時代は思春期の始まりで、小学生時代の子育てからの衣替えをする時期に入ります。長い人生を幸福に生きていくために必要な、基本的課題である「自己責任」「自律心」「独立心」を獲得するための大切な時が始まります。
これさえ育てれば、子育ては卒業とまで言われています。それは親がいなくてもお子様が立派に食べていけるスキルだからです。

不登校・非行・引きこもり・異性問題・いじめなどの問題行動が多く見られる時期でもあります。 また、さまざまな精神疾患が発症する時期でもあります。
複雑に揺れる思春期のお子様の対応に悩む保護者様・ご本人様に対してカウセリングを行っています。 また、当オフィスの「未来志向的カウンセリング」によって、新しい視点や考え方に気づき、将来のビジョンが明確になります。 また、教職員様へのカウセリング、コンサルテーションにも応じています。

  研  修
教職員様の、お子様や保護者様に対する対応方法、マインドの持ち方、コミニュケーションのスキルなどをワークショップを入れながら実地。カウンセリング・マインドを学ぶことで、お子様の長所を見ていくことの大切さや、 褒めることの効果を実感され好評でした。

全校生徒には毎年「心の教室」研修を実施。
キレる生徒が多いために、怒りのコントロールや心を見つめる習慣の大切さなどを生徒が飽きないようパワーポイントなどを研修に取り入れる工夫をしています。 道徳教育も取り入れています。

  コンサルテーション
思春期に発症するさまざまなメンタル疾患あるいは発達がいを持つお子様・問題行動の多いお子様を持つ保護者様・教職員様に対する対応のための心理教育とコンサルテーション。 また生徒が将来社会に出て活躍するために、企業が求めている人材となるために必要なことなどを保護者様、教職員様に提供しています。

また教職員様の個人的な問題(ストレスマネジメント・ワークライフ・バランス、子育ての問題、健康問題など)にも応じています。